アライアンス・代理店運営に携わる人のためのメディア-PartnerLab。最先端の情報をお届け。
PRM導入方法

PRMツールの導入方法!種類や手順についても解説!

  • 2023年3月28日
  • 2023年4月22日
  • PRM
  • 127view
PRM PRM導入方法

「ビジネスパートナーシップをより強固にするために、PRMシステムの導入が進んでいます。

PRMシステムは、パートナー企業との情報共有をスムーズにし、業務効率化や信頼関係の強化につながります。

しかし、PRMシステムの導入にあたっては、導入前の調査・分析が重要であり、適切なシステム選定や導入計画の策定が必要です。

また、システム運用や保守にあたっては、適切なサポート体制の整備が不可欠です。本記事では、PRMシステムの導入について、種類や導入の流れ、ポイントなどを解説します。」

関連記事

PRM(Partner Relationship Management:パートナーリレーションシップマネージメント)をご存じでしょうか? PRMはパートナー企業管理とも呼ばれる考え方です。BtoBビジネスにおいてメーカーとパートナー[…]

PRMとはの画像

PRMシステム導入のメリット

PRMシステムを導入することにより、パートナー企業とのコミュニケーションがスムーズになります。

具体的には、情報共有がしやすくなり、営業活動の効率化にもつながります。

例えば、パートナーの営業担当者が新しい商談に取り組んでいるときに、PRMシステムを使うことで、パートナー企業から得られる情報を一元化し、簡単にアクセスすることができます。

また、パートナー企業とのコミュニケーションが円滑になることで、より良いビジネスパートナーシップを築くことができます。これにより、パートナー企業からの信頼度も上がることが期待できます。

関連記事

ビジネスプロセスの改善や販売チャネルの強化など、PRMシステムの導入には多くのメリットがあります。 しかし、導入にはコスト増加や運用・管理の負担増などのデメリットもあるため、導入を検討する際には慎重になる必要があります。 成功[…]

PRMシステムの種類

PRMシステムには、クラウド型、オンプレミス型の2種類があります。それぞれの型ごとに解説していきます。

関連記事

ビジネスの拡大と競争の激化に伴い、企業とパートナーとの連携を強化するPRM(Partner Relationship Management)ツールの重要性が増しています。 最適なPRMツールの選定は、収益の最大化と効率的なパートナー[…]

PRMツール比較の画像

オンプレミス型PRMシステム

オンプレミス型PRMシステムは、自社のサーバーにシステムを構築することで、セキュリティ性やカスタマイズ性が高いことが特徴です。

主に自社でエンジニアを雇用し、自社システムとして開発・運用するものが当たります。

サーバーを用意するため、初期コストが高いものの、サーバーを自社で保有することで、セキュリティの面や運用管理の面で自由度が高くなります。

また、オンプレミス型では、通信回線が不要なため、通信環境が不安定な場合でも、システムの動作に影響を受けにくいという利点があります。

クラウド型PRMシステム

クラウド型PRMシステムは、各ベンダーが提供しているシステムを利用することで、導入コストを抑えることができます。

ベンダーが提供するクラウド上にシステムを構築するため、サーバー機器を用意する必要がなく、導入が容易です。

また、ベンダー側でシステムのアップデートやセキュリティ対策を提供することが一般的であり、ユーザーは常に最新の機能を利用することができます。

しかし、インターネット環境に依存するため、ベンダーのエラーや通信環境が不安定な場合には、システムの動作に影響を与える可能性があります。

PRMシステム導入の流れ

PRMシステムを導入するにあたっては、以下のような流れがあります。

導入前の調査・分析

自社が必要とする機能や要件を明確にしておくことで、より適したシステムを選び、スムーズな導入を実現することができます。

この時に、自社の課題に合わせて、ベンダーが提供するクラウド型を利用するのか、自社でエンジニアを雇用し開発するのかの方向性を決定します。

システムの選定

自社のニーズに合わせたシステムを選びます。システムの選定にあたっては、導入前の調査・分析で明確になった要件を踏まえ、比較検討を行うことが大切です。

具体的には、価格、機能、セキュリティ、カスタマイズ性、サポート体制などを比較し、最適なシステムを選択します。

自社の要件を満たすベンダーがない場合は、自社開発も検討しましょう。

導入計画の策定

導入計画の策定にあたっては、期限・予算・人員を明確にし、プロジェクトのスケジュールを決定します。

また、導入後のシステム運用や保守についても計画を立て、導入後のトラブルや問題を事前に防ぐことが大切です。

導入・開発・テスト

システムの導入・開発・テストを行います。システムの導入にあたっては、社内の関係部署だけでなく、パートナー企業との連携を密にし、スムーズな導入を実現することが大切です。

また、システムの開発・テストにあたっては、導入前の調査・分析で明確になった要件や選定したシステムを踏まえて、実装を行います。そして、システムのテストを徹底することで、導入後のトラブルや問題を事前に防ぎます。

システム運用・保守

システムの運用・保守にあたっては、システムの安定稼働や問題の早期発見・解決を目指します。

運用にあたっては、ユーザーの使い勝手や改善要望を取り入れることで、より使いやすいシステムを実現することが大切です。保守にあたっては、システムのセキュリティ対策や定期的なバージョンアップなどを行い、システムの安定性を維持することが大切です。

PRMシステム導入のポイント

PRMシステムを導入する際のポイントとしては、以下のようなことが挙げられます。

導入前の調査・分析が重要

自社のニーズや課題を明確にし、適切なシステムを選ぶことが大切です。

PRMシステムを導入する際は、社内の関係部署やパートナー企業との意見交換を行い、必要な機能や要件を明確にしておくことが重要です。

システム選定は慎重に行うこと

自社のニーズに合わせたシステムを選ぶことが大切です。導入前の調査・分析で明確になった要件を踏まえ、比較検討を行い、最適なシステムを選択します。

導入計画の策定は期限・予算・人員を明確にすること

導入計画を策定する際は、期限・予算・人員を明確にすることが大切です。プロジェクトのスケジュールを決定し、導入後のシステム運用や保守についても計画を立て、トラブルや問題を事前に防ぐことが重要です。

導入後のサポート体制を整えること

システムの導入後には、サポート体制を整えることが大切です。システム運用や保守にあたっては、運用担当者の教育やトラブルシューティングの体制を整え、問題の早期発見・解決を目指すことが重要です。

PRMシステム導入の成功事例

PRMシステムの導入により、業務効率化やパートナー企業との信頼関係強化に成功した事例があります。

例えば、ある飲料メーカーでは、パートナー企業とのやりとりが手書きの帳票やメールで行われていたため、情報共有が滞っていました。

しかし、PRMシステムを導入することで、情報共有がスムーズになり、パートナー企業からの信頼度も向上しました。

また、別の企業では、営業担当者が販売状況の把握に多大な時間を費やしていたため、PRMシステムを導入することで、販売状況をリアルタイムで把握することができるようになり、業務効率化に成功しました。

まとめ

以上、PRMシステム導入について詳しく解説してきました。PRMシステムを導入することで業務効率化やパートナー企業との信頼関係強化などのメリットがあることが分かりました。

PRMシステムの導入には、導入前の調査・分析、システム選定、導入計画の策定、導入・開発・テスト、システム運用・保守という流れがあります。

導入前の調査・分析が重要であり、システム選定や導入計画の策定にあたっては、期限・予算・人員などを明確にし、トラブルや問題を事前に防ぐことが大切です。

また、導入後のサポート体制の整備にも力を入れることが重要です。

PRMシステムの導入によって、業務効率化やパートナー企業との信頼関係強化などの成功事例もあります。自社のニーズに合わせたシステムを選び、適切な導入を行うことで、よりスムーズなビジネスパートナーシップを築くことができます。

>パートナービジネスを支援するDXツール「PartnerProp」

パートナービジネスを支援するDXツール「PartnerProp」

CTR IMG