アライアンス・代理店運営に携わる人のためのメディア-PartnerLab。最先端の情報をお届け。
取次店とは

取次店とは?定義や役割について事例を踏まえて解説!

  • 2023年6月16日
  • 2023年6月16日
  • 代理店
  • 876view

ビジネスの世界において、効率的な流通が重要な要素となっています。その中で、取次店という存在があります。取次店は、製造業者や出版社からの商品を小売店や消費者に届ける役割を果たします。本記事では、取次店の役割や重要性、ビジネスへの影響について詳しく探求していきます。さまざまな業界や企業にとって、取次店の活用は効果的なビジネス戦略の一環となり得ます。取次店の役割やメリット・デメリットについて理解を深めることで、ビジネスの流通プロセスを最適化する手助けとなることでしょう。

取次店の定義

取次店とは、広義には物品の取次を業とする店で、狭義には客の注文を受けて商品・サービスの取り次ぎをする店を指します。取次店は業種や業界により様々な形をとりますが、その主な機能は生産者と消費者の間で商品やサービスを媒介することです。

関連記事

「旅行代理店」や「保険代理店」など、「代理店」と名の付く店舗を見かけることはありませんか? 代理店を英語にすると「agency」ですが、同じように「agency」と英訳される言葉に「取次店」「特約店」などがあります。 ビジネス[…]

代理店 取次店 販売店 特約店の違い
関連記事

みなさんは代理店・商社・卸の違いをご存知でしょうか。 ビジネスにおいてよく耳にする代理店・商社・卸。しかし、それぞれの違いについて説明できる人は少ないのではないでしょうか。 そこでこの記事では、代理店・商社・卸について[…]

代理店、商社、卸の違いの画像

取次店とは

取次店の主な業務は、生産者から商品を取得し、それを消費者に提供することです。これは、商品を物理的に移動させるだけでなく、情報の流通も含みます。つまり、生産者からの商品情報を消費者に伝え、逆に消費者からのフィードバックや需要情報を生産者に伝える役割も果たします。

取次店の業務は、商品の保管と保管に関連するリスクの管理も含みます。取次店は商品を一時的に保管し、それを消費者に適切な時間と場所で提供する役割を果たします。また、在庫を保有することによるリスクを管理し、商品の売れ行きが予想外に低かった場合や、商品が損傷・劣化した場合の損失を吸収します。

取次店の主な業務とは

取次店の主な業務は、生産者から商品を取得し、それを消費者に提供することです。これは、商品を物理的に移動させるだけでなく、情報の流通も含みます。つまり、生産者からの商品情報を消費者に伝え、逆に消費者からのフィードバックや需要情報を生産者に伝える役割も果たします。

取次店の業務は、商品の保管と保管に関連するリスクの管理も含みます。取次店は商品を一時的に保管し、それを消費者に適切な時間と場所で提供する役割を果たします。また、在庫を保有することによるリスクを管理し、商品の売れ行きが予想外に低かった場合や、商品が損傷・劣化した場合の損失を吸収します。

取次店のビジネスモデル

取次店のビジネスモデルとは

取次店のビジネスモデルは非常に効果的であり、多くの産業で広く利用されています。これは、商品やサービスを製造元や供給元から消費者へと運ぶ役割を担っています。取次店は、製品やサービスを一元化し、消費者が簡単にアクセスできる形にします。これにより、製造元は自社の製品を直接消費者に届けることに集中でき、取次店は製造元と消費者の間で効果的な中間業者として機能します。

取次店のビジネスモデルは、物流と販売の両方をカバーします。製造元から商品を取り扱い、それを消費者に直接販売することで、両者のニーズを満たすことができます。取次店は、消費者が自分の需要に応じて簡単に商品を見つけられるように、一般的に広範な製品ラインを提供します。

取次店は製品の流通を助けるだけでなく、製造元と消費者の間のコミュニケーションを向上させる役割も果たします。これは、製造元が直接消費者と関わる時間とエネルギーを節約するのに役立ちます。取次店はまた、製品のマーケティングとプロモーションを手助けすることもあります。

取次店と直販との違い

取次店と直販は、製品やサービスの提供方法において重要な違いを持っています。直販は、製品やサービスを製造元が直接消費者に提供するビジネスモデルを指します。一方、取次店は製造元と消費者の間に位置する第三者です。

直販モデルの主な利点は、中間マージンがないことです。これにより、製造元は製品の価格を下げることができ、結果として消費者にとっても有利になります。また、製造元は直販を通じて直接消費者と接触できるため、消費者のフィードバックを直接取得し、製品の改善や新製品の開発に活用することができます。

取次店の役割

取次店は、直接的に製品やサービスを生産するわけではないものの、その流通過程で重要な役割を果たしています。では、具体的に取次店の役割とは何なのでしょうか?また、取次店がビジネスにおいて果たす重要な機能とは何でしょうか?本章ではこれらの疑問について深掘りしていきます。

取次店の役割とは

取次店とは、製造業者や出版社からの商品を、小売店や消費者に届ける役割を果たします。つまり、取次店は製品やサービスを「取り次ぐ」存在として機能し、製造者と消費者の間の橋渡し役となっています。特に、製品の種類が多岐にわたる場合や、製品が全国規模で流通する場合には、取次店の役割は不可欠となります。

取次店の具体的な役割には、商品の選定、在庫管理、物流、売上管理などが含まれます。これらの業務を通じて、製品は消費者に適切な時期と場所で届けられます。これにより、製造業者や出版社は製品の販売に集中することができ、一方で消費者は欲しい商品を容易に手に入れることができます。

取次店が果たす重要な機能

取次店がビジネスにおいて果たす重要な機能はいくつかあります。まず一つ目は、「市場の拡大」です。取次店は、製造業者や出版社が直接アクセスできない地域や小売店に製品を届けることで、製品の市場を拡大します。これにより、製品はより広範な消費者に到達し、その販売機会が増加します。

二つ目は、「効率的な流通」です。取次店は多くの製造業者や出版社からの商品を一手に引き受け、一元的に物流や在庫管理を行います。これにより、製品の流通過程が効率化され、製品がより迅速に市場に届けられます。さらに、取次店は一つの物流ハブとして機能し、複数の製品を一括して運搬することで、物流コストを抑える効果もあります。

三つ目は、「情報の提供」です。取次店は製造業者や出版社、小売店、そして消費者との間で商品に関する情報を伝達します。例えば、製品の需要や販売状況、消費者の反応などを製造業者や出版社に報告し、製品の改善やマーケティング戦略の策定に貢献します。また、新製品の情報や販売戦略を小売店や消費者に伝える役割も果たします。

四つ目は、「信用の提供」です。取次店は製造業者や出版社と小売店との間での取引を安全に行うための信用を提供します。取次店が製品の品質を保証し、適切な取引を行うことで、小売店は安心して製品を仕入れることができます。また、製造業者や出版社も、取次店を通じて製品が適切に小売店に届けられることを信頼できます。

これらの役割と機能を通じて、取次店は製造業者や出版社、小売店、そして消費者といった多様な関係者間のコミュニケーションと協調を促進します。その結果、取次店はビジネスエコシステムの一部として、製品やサービスの効率的かつ円滑な流通を可能にし、その結果、全体の経済活動を支えています。

取次店を活用するメリット

流通ネットワークの拡大

取次店は、小売店への広範な流通ネットワークを持っています。このネットワークを活用することで、商品は自動的に全国に流通し、より多くの消費者の目に触れる可能性が高まります。特に新製品や知名度の低い商品にとっては、広範な流通ネットワークは強力な武器となり得ます。

流通費の削減

流通費の削減も取次店の利用による大きなメリットと言えます。取次店が取扱い商品の流通部門のコミッションを抑えることにより、出版社や小売店は流通費を相対的に低く抑えることが可能となります。このコスト削減は、ビジネスの成長や競争力向上に寄与します。

取次店を活用するデメリット

中間手数料の発生

取次店を介して商品を流通させると、取次店が商品の価格に中間マージンを加えることが一般的です。これにより、商品の最終価格が上昇し、消費者にとってはその商品を購入するためのコストが増加する可能性があります。また、出版社や製造業者にとっては、直接販売に比べて収益が低下する可能性があります。

関連記事

アライアンス契約、代理店・取次店スキームを開始するにあたって、手数料(インセンティブ)条件は今後の拡大に対して非常に重要な役割を果たします。 イケてないイ手数料条件を設定してしまうと、 「代理店と契約できない」 「契約し[…]

代理店 手数料設計

フレキシビリティの欠如

取次店を通じて商品を流通させると、出版社や製造業者は取次店との契約条件に縛られ、価格や販売条件の調整が困難になることがあります。これは、市場の変動や消費者の要望に迅速に対応する能力を制限する可能性があります。

過剰な在庫リスク

取次店を利用すると、出版社や製造業者は商品の在庫管理が難しくなることがあります。取次店は様々な商品を取り扱っているため、特定の商品の在庫状況を把握し、適切な在庫調整を行うのが困難であることが多いです。結果として、商品が過剰に在庫として保管され、商品の鮮度が失われるか、または商品が廃棄されるといったリスクが生じる可能性があります。

取次店活用事例

Amazon

Amazonは、世界的に有名なオンラインマーケットプレイスであり、取次店の役割を果たしています。Amazonは、多くの小売業者や個人の販売者に対して取次店の役割を果たし、商品の販売や配送、顧客サポートなどを提供しています。Amazonを通じて商品を販売することで、小売業者や販売者は広範な顧客層にアクセスできるだけでなく、Amazonの流通インフラや顧客基盤を活用することができます。

電子書籍取次店

トーハンは、日本の電子書籍業界で主要な取次店として知られています。トーハンは出版社から電子書籍の取り次ぎを行い、書籍をオンラインストアや電子書籍プラットフォームに配信します。同様に、海外事例で言うと、Ingramは米国を中心に電子書籍取次店として活動しています。これらの取次店を活用することで、出版社は自社の書籍を幅広い読者に提供することができます。

スーパーマーケット

スーパーマーケットチェーンの大手企業であるウォルマートやイオンも、取次店としての役割を果たしています。これらの企業は、多数の製造業者や農産物業者と提携し、商品の取り次ぎや流通を担当しています。ウォルマートやイオンを通じて商品を販売することで、製造業者や農産物業者は大規模な小売店ネットワークにアクセスし、商品の市場拡大を実現することができます。

終わりに

取次店は、ビジネスエコシステムにおいて重要な存在です。製品やサービスの流通における役割は多岐にわたり、広範な流通ネットワークの提供や流通費の削減、市場の拡大、効率的な流通などの利点があります。

一方で、中間マージンの発生やフレキシビリティの欠如といったデメリットも考慮する必要があります。ビジネスにおいては、自社の商品やサービスに最適な取次店の活用方法を選択し、効果的な流通戦略を構築することが重要です。

取次店の役割と重要性を理解し、適切に活用することで、ビジネスの成長と競争力の向上を実現することができるでしょう。

>パートナービジネスを支援するDXツール「PartnerProp」

パートナービジネスを支援するDXツール「PartnerProp」

CTR IMG