アライアンス・代理店運営に携わる人のためのメディア-PartnerLab。最先端の情報をお届け。
パートナーセールス人材の画像

パートナーセールス人材とは?育成方法やキャリアパスについても解説します!

近年、企業のビジネス拡大や競争力強化のために、パートナーセールスが重要視されています。パートナーセールス人材は、企業とそのパートナー企業との関係を築き、双方にとって有益なビジネスを実現する役割を果たします。本記事では、パートナーセールス人材に求められるスキルや採用・育成の方法、キャリアパスについて解説します。

関連記事

近年、ビジネスの拡大や新たな市場への参入を目指す企業は、パートナー契約を活用することが一般的となっています。パートナー契約には、リソースや知識の共有、新しいビジネスチャンスの創出などのメリットがありますが、同時に慎重な取り組みが求められま[…]

パートナー契約とは

パートナーセールスの基本概念と重要性

パートナーセールスの定義と目的

パートナーセールスとは、企業が自社製品やサービスを他の企業と協力して販売・展開する営業活動です。パートナーセールスの目的は、自社とパートナー企業のネットワークやリソースを活用し、相互のビジネス拡大を図ることです。

関連記事

パートナーセールスは、多くの企業がビジネス拡大のために採用している販売方法です。しかし、パートナーセールスとは一体何なのでしょうか?この記事では、パートナーセールスの概要から、そのメリット・デメリット、さらには効果的な戦略の立て方まで詳し[…]

パートナーセールスとはの画像

パートナーセールスのメリットとデメリット

パートナーセールスのメリットは、市場へのアクセスが拡大し、販売チャンネルが増えることです。また、パートナー企業との協業により、新たなビジネスチャンスや顧客層が開拓できます。一方、デメリットとしては、パートナー企業との協力関係を構築・維持するための労力や、パートナー企業との競合が発生することが挙げられます。

パートナーセールスの重要性とビジネスへの影響

パートナーセールスは、企業のビジネス拡大や競争力強化に大きく寄与します。パートナー企業との連携により、自社の製品やサービスがより多くの顧客に届くことで、売上向上や市場シェアの拡大が期待できます。また、パートナー企業との共同プロジェクトや情報交換により、自社の知見や技術力が向上し、イノベーションの創出が促されます。

パートナーセールス人材に求められるスキルと特徴

以下ではパートナーセールス人材に求められるスキルや特徴について解説したいと思います。

関連記事

代理店営業は、多くの企業が利用する販売戦略の一つで、製造業者と消費者の間に立つ代理店を通じて製品やサービスを販売する方法です。この戦略には、市場の拡大、リソースの効率化、リスクの分散など多岐にわたるメリットがあります。本記事では、代理店営[…]

代理店営業

コミュニケーション力

パートナーセールス人材は、自社とパートナー企業との関係構築や維持に重点を置くため、円滑なコミュニケーションが求められます。相手の立場やニーズを理解し、適切な提案や対応ができることが重要です。

交渉力

自社とパートナー企業との利益調整や契約締結において、効果的な交渉が求められます。双方にとって最適な条件を見極め、柔軟かつ迅速に対応することが重要です。

プレゼンテーション力

パートナーセールスでは、市場の動向や競合状況を把握し、適切な戦略を立てることが重要です。マーケット分析力を持っている人材は、成果を出しやすく、パートナー企業との関係強化にも貢献します。

市場分析力

パートナー企業と協力して取り組む市場のニーズや動向を把握し、適切な戦略を立案・実行する能力が求められます。

パートナーセールス人材の育成方法

ここではパートナーセールス人材の育成手法について、ポイントを解説していきたいと思います。

KPIマネジメント

パートナーセールスのKPIにおいては、一般的な営業活動と全く異なるため非常に複雑化しやすいです。

例えば、パートナーセールスにおける定量指標は、勉強会数・パートナー訪問数・契約交渉数など、数を増やせば増やすほど、営業売上につながる項目が少ないです。

そのため、自社のビジネスモデルにおいて、パートナーセールスのTOP営業マンが各指標をどの順番でどの程度実施しているのか?を可視化し、その数値を適正値としてKPIの目標値を設定すると良いでしょう。

また、以下の記事では、パートナーセールス人材に関わらず、チャネルとしてどういったKPIを設計すれば良いかについて解説していますので参考にしてみてください。

関連記事

ビジネスにおいてKPIの設定が非常に重要なことは言うまでもありません。 しかし、KPIが営業やマーケティング分野ではベストプラクティスが設計・浸透してきておりますが、代理店・アライアンスにおいてのKPI設定のスタンダードとなるものは[…]

代理店KPI設計

指標の可視化

パートナーセールスにおける行動量やCVRを可視化している日本企業はまだまだ少ないです。

その課題としては、営業におけるSFAのようにデータを管理するシステムがまだ普及していないことが挙げられます。

一方近年、日本においてもこのようなパートナーセールスの指標を可視化したり、各業務を自動化・効率化するPRMツールが登場しています。

PRMツールを導入し、各種の指標を可視化することでKPIマネジメントを実施することができます。

関連記事

PRM(Partner Relationship Management:パートナーリレーションシップマネージメント)をご存じでしょうか? PRMはパートナー企業管理とも呼ばれる考え方です。BtoBビジネスにおいてメーカーとパートナー[…]

PRMとはの画像

パートナーセールス研修の開催

パートナーセールス人材を育成するためには、専門的な研修プログラムが効果的です。パートナー企業との関係構築やマネジメント、交渉術など、パートナーセールスに必要なスキルを習得できる研修を開催しましょう。

また、パートナーセールスを専門とした研修サービスやセミナーもあるため、そちらを参考にすると良いでしょう。

パートナーセールス人材の採用方法

ここではパートナーセールス人材を採用する際のポイントについて解説していきます。

採用ターゲット

パートナーセールス人材のターゲットとしては、「メーカーでのパートナーセールス経験者」「代理店でのマネジメント業務経験者」が主になります。

また、パートナーセールスにおいては企業間の交渉・調整を行うことが主な仕事内容のため、BtoBの営業職経験者をターゲットとして採用を実施するのもいいでしょう。

採用プロセスの工夫

パートナーセールスに適した人材を見つけるためには、面接でコミュニケーション能力や問題解決能力、協調性を評価する工夫が必要です。

また、実際のビジネスシーンを想定したケーススタディやロールプレイを取り入れることで、より適切な人材を見極めることができます。

採用方法

パートナーセールス人材の採用には、求人広告や転職サイト、人材紹介会社を活用することが一般的です。また、業界内での人脈や紹介、スカウトも有効な方法です。

パートナーセールスのキャリアパス

パートナーセールスと他の営業職の違い

パートナーセールスは、直接顧客に対する営業活動ではなく、他企業との協業に重点を置いた営業活動である点が、他の営業職との大きな違いです。そのため、パートナーセールスには、協力関係の構築や維持、相互の利益を追求する能力が特に求められます。

パートナーセールスの将来性と成長機会

パートナーセールスは、企業間競争が激化し、協業が重要視される現代ビジネスにおいて、ますます需要が高まっている職種です。パートナーセールスを経験することで、幅広い業界や企業との関係を築くことができ、そのネットワークや経験を活かして、管理職や経営層への昇進が期待できます。

キャリアとしての汎用性

パートナーセールスにおいては主にBtoBのビジネスモデルに該当します。そのためパートナーセールスのキャリアとしては、パートナーセールス以外にもBtoB向けのセールス職種としてのキャリアパスにも有効です。

また、企業間の調整を行うため、企業アライアンス・業務提携など幅広い職種へ拡張性があるでしょう。

まとめ

本記事では、パートナーセールス人材に関する基本的な知識やスキル、採用・育成方法、キャリアパスについて解説しました。パートナーセールスは、ビジネス拡大や競争力強化のために、企業がますます重要視している職種です。適切な人材の採用・育成が、企業の成長に大きく寄与することでしょう。パートナーセールスに関心のある方は、この機会にさらに理解を深めてみてください。

>パートナービジネスを支援するDXツール「PartnerProp」

パートナービジネスを支援するDXツール「PartnerProp」

CTR IMG