アライアンス・代理店運営に携わる人のためのメディア-PartnerLab。最先端の情報をお届け。
代理店エリアマーケティング

代理店を活用したエリアマーケティングとは?

  • 2023年3月30日
  • 2023年3月30日
  • 代理店
  • 89view
目次

代理店を活用した地域・エリアマーケティング

エリアマーケティングとは何か

エリアマーケティングは、地理的な範囲を基盤にして商品やサービスの販売促進を行うマーケティング手法のことです。

エリアマーケティングは、地域の特性に合わせた戦略を立てることで、効果的なマーケティングを実現します。

特に、小売業や飲食業など、地域に密着したビジネスにおいて効果が高く、地域に根ざした顧客との関係性を築くことができます。

エリアマーケティングで代理店を活用するメリットとは

代理店は、商品やサービスを地域に密着した形で販売することができるパートナーです。

代理店を活用することで、地域における顧客のニーズを把握し、適切な販売戦略を実現することができます。

また、代理店は地域の情報に詳しく、地元の顧客との信頼関係を築いているため、顧客の獲得やファン化につながるメリットがあります。

関連記事

代理店営業は、多くの企業が利用する販売戦略の一つで、製造業者と消費者の間に立つ代理店を通じて製品やサービスを販売する方法です。この戦略には、市場の拡大、リソースの効率化、リスクの分散など多岐にわたるメリットがあります。本記事では、代理店営[…]

代理店営業
関連記事

「いい商材があるから全国展開したいが、社内のリソースが足りない。」 「取引先を拡大したいが、現在のチャネルのみでは限界」 商材の販路拡大を行おうとしても、現在のチャネルのみでは成長が限界を迎えていたり、新規施策はコストが読めな[…]

代理店の仕組み

 

エリアマーケティングで代理店が果たす役割

ここではエリアマーケティングを実施する際に代理店の役割について解説していきたいと思います。

ローカルニーズの把握と反映

代理店は、地域のニーズやトレンドを把握し、それを元に商品やサービスを提供することができます。

地域の文化や習慣を理解し、それを反映することで、地元の顧客に親しみやすい商品やサービスを提供することができます。

地域社会との連携

代理店は地域社会との連携を図り、地元のイベントや活動に参加することで、地域に密着したビジネスを展開することができます。また、地元の顧客とのコミュニケーションを積極的に行い、顧客との信頼関係を築くことができます。

マーケティング戦略の実行支援

代理店は、自社のマーケティング戦略を実行するために必要な情報やノウハウを持っています。

地域のニーズやトレンドに詳しく、マーケティング戦略の実行において、地域に合わせた戦略を提案することができます。

エリアマーケティングで代理店を活用するメリット

エリアマーケティングにおいて、代理店を活用することのメーカーにとってのメリットを解説していきます。

対面での接点をもてること

近年、コロナ影響もありWebミーティングなど非対面でのアプローチが多くなってきておりますが、一方で機器の設定や非対面が難しい顧客へのアプローチなど、対面での接点は非常に重要です。

代理店は、地元の顧客と直接対面して接することができます。そのため、顧客の声を直接聞き、商品やサービスの改善につなげることができます。また、顧客との関係をより深めることができるため、ロイヤルティの向上につながります。

ローカルニーズをよく知っていること

代理店は、地域のニーズやトレンドをよく把握しています。そのため、地元の顧客に合わせた商品やサービスを提供することができ、顧客の満足度を高めることができます。

また代理店は、地域社会との深い関わりを持っているため、地元の顧客との信頼関係が築かれています。地域に密着したビジネス展開ができるため、顧客の獲得やファン化につながります。

地元の情報やトレンドを把握していること

代理店は、地元の情報やトレンドを把握しています。そのため、適切な広告媒体やプロモーション手法を選択し、効果的なマーケティング戦略を実現することができます。

ローカルなノウハウを持っていること

代理店は、地元のニーズやトレンドを把握しているため、その地域に合ったマーケティング戦略を提案することができます。

また、地域に密着したビジネス展開において必要なノウハウを持っているため、マーケティング戦略の実行支援にも役立ちます。

地元の優良顧客を把握していること

代理店は、地域に根ざしたビジネス展開をしているため、地元の優良顧客を把握しています。

そのため、地元の優良顧客をターゲットにしたマーケティング戦略を展開することができ、顧客獲得やファン化につながります。

代理店を活用したエリアマーケティングの具体的な方法

販促物の配布

代理店を活用したエリアマーケティングの具体的な方法として、販促物の配布があります。ポスターやチラシの設置、デモ機器の展示、サンプルの配布など、代理店を通じて地域の顧客にアプローチすることができます。

ポスターやチラシの設置

代理店が販売する商品やサービスをPRするポスターやチラシを、地域の商店街やスーパーマーケット、駅などに設置することで、地元の顧客に商品やサービスをアピールすることができます。

関連記事

代理店の売上を伸ばすためには、顧客とのコミュニケーションを図り、顧客ニーズに合わせた販促活動を展開することが必要です。 販促コンテンツは、顧客とのコミュニケーションを取るための重要なツールであり、売上を伸ばす上で欠かせない存在です。[…]

代理店販促物

デモ機器の展示

商品やサービスを実際に手に取って試すことができるデモ機器を、地元の商店街やショッピングセンターなどに展示することで、地元の顧客に直接アピールすることができます。

サンプルの配布

商品やサービスの魅力を体験できるサンプルを、地元のイベントや商店街などで配布することで、顧客の興味や関心を引き、商品やサービスの認知度を高めることができます。

イベントやセミナーの開催

代理店を活用したエリアマーケティングの具体的な方法として、イベントやセミナーの開催があります。地元のイベントに参加することで、商品やサービスをアピールすることができます。また、セミナーの開催によって、商品やサービスに関する情報提供やアドバイスを行うことができます。

地元のイベントに参加

地元のイベントに参加することで、商品やサービスをアピールすることができます。また、地元の顧客とのコミュニケーションを深め、顧客のニーズやトレンドを把握することができます。

セミナーの共催

商品やサービスに関する情報提供やアドバイスを行うセミナーを、メーカーと共催することで、地元の顧客に直接情報を提供することができます。

ソーシャルメディアの活用

代理店を活用したエリアマーケティングの具体的な方法として、ソーシャルメディアの活用があります。地元の情報を発信したり、キャンペーンを実施したり、顧客とのコミュニケーションを図ったりすることができます。

地元の情報を発信

代理店が販売する商品やサービスに関連する地元の情報を発信することで、地元の顧客に商品やサービスに関心を持ってもらうことができます。また、地元のトレンドやイベント情報などを発信することで、地元の顧客とのコミュニケーションを深めることができます。

キャンペーンの実施

代理店が販売する商品やサービスに関するキャンペーンを実施することで、地元の顧客に商品やサービスに興味を持ってもらうことができます。また、キャンペーンの内容に応じた顧客データの収集を行うことで、顧客のニーズやトレンドを把握することができます。

代理店とのパートナーシップの築き方

エリアマーケティングにおいて代理店を活用する場合、代理店とのパートナーシップを築くことが重要です。以下に、代理店とのパートナーシップを築くためのポイントを紹介します。

関連記事

代理店育成について、一般的にはメーカーと代理店の間で行われる取り組みの一つとして知られています。 本記事では、代理店育成に関する基本的な情報から、成功事例や課題、さらにはデジタル化の重要性まで、幅広い視点から解説していきます。 […]

代理店育成

堅実な代理店選びの重要性

代理店を選ぶ際には、地域のニーズやトレンドを把握しているか、地元の顧客との信頼関係があるかなどを確認することが重要です。また、代理店の運営状況や経営方針、ビジネスモデルなども調査することが必要です。

目標と報酬を明確化する

代理店とのパートナーシップを築くためには、目標と報酬を明確化することが必要です。目標とは、商品やサービスの売り上げ向上や地域の顧客との信頼関係の構築などです。報酬には、固定報酬や成果報酬、歩合制などがあります。目標と報酬を明確化することで、代理店との協力関係を構築し、共に目標達成に向けて取り組むことができます。

コミュニケーションの強化

代理店とのパートナーシップを築くためには、コミュニケーションを強化することが必要です。定期的な報告や打ち合わせを行い、双方の課題や問題点を共有することで、代理店との信頼関係を構築することができます。また、代理店の意見や提案を受け入れることで、より良い商品やサービスの開発やマーケティング戦略の策定につなげることができます。

エリアマーケティングに必要なステップ

ターゲットエリアの設定

エリアマーケティングにおいて、まず重要なのはターゲットとなるエリアの設定です。ターゲットエリアを設定することで、マーケティング戦略の目的や範囲を明確にすることができます。

市場調査と競合分析

次に、市場調査と競合分析を行います。市場調査は、顧客のニーズや嗜好、ライフスタイルなどを把握することで、ターゲットエリアにおけるマーケティング戦略の方向性を決定します。競合分析は、同じターゲットエリアで競合する企業や商品、サービスを分析し、自社の強みや差別化ポイントを明確にすることができます。

マーケティング戦略の策定

市場調査と競合分析の結果を踏まえて、マーケティング戦略を策定します。ターゲットエリアに合わせた戦略やメッセージを作り出し、商品やサービスを地域に合わせてアレンジすることで、顧客との共感を生み出すことができます。

代理店の選定

ここまでで策定した戦略に合う代理店を選定します。

特に、代理店のターゲット顧客業種/規模・営業人数・営業手法とエリアの観点から代理店を選定することが重要です。

実行と効果測定

マーケティング戦略を決定したら、実際に実行していきます。実行後は、効果を測定することが重要です。効果測定によって、マーケティング戦略の改善点を把握し、次の施策につなげることができます。

まとめ

エリアマーケティングにおいて、代理店を活用することで、地元のニーズやトレンドに合わせたマーケティング戦略を展開し、地元の顧客との信頼関係を構築することができます。代理店とのパートナーシップを築き、共に目標達成に向けて取り組むことで、より良い商品やサービスの開発や販売につなげることができます。成功事例を紹介することで、代理店を活用したエリアマーケティングの可能性を知り、ビジネスの拡大につなげることができます。

>パートナービジネスを支援するDXツール「PartnerProp」

パートナービジネスを支援するDXツール「PartnerProp」

CTR IMG