アライアンス・代理店運営に携わる人のためのメディア-PartnerLab。最先端の情報をお届け。
代理店管理ツール

代理店管理ツールとは?種類や選び方についても解説!

  • 2023年3月29日
  • 2023年4月22日
  • PRM
  • 210view
PRM 代理店管理ツール

代理店を効率的に管理するためには、専用のツールが必要です。

本記事では、メーカーが代理店を管理するためのツールとして、代理店管理ツールの機能、種類、選び方、比較方法、導入事例、最新トレンド、使い方や活用法、導入における注意点、導入効果、まとめ、参考文献などを解説します。これらの情報を参考に、メーカーが代理店管理において最適なツールを選択することができます。

関連記事

代理店を使ったビジネスにおいて、メーカーと代理店とのつながりは重要です。 ですが、代理店営業に任せきりで代理店への情報共有に時間掛かってしまった。また逆に代理店側からは、欲しい情報がすぐに手に入らないと不満の声が挙がったことはないで[…]

代理店ポータルサイトの画像
関連記事

代理店を使ったビジネスにおいて、メーカーと代理店とのつながりは重要です。 ですが、代理店営業に任せきりで代理店への情報共有に時間掛かってしまった。また逆に代理店側からは、欲しい情報がすぐに手に入らないと不満の声が挙がったことはないで[…]

代理店ポータルサイトの画像

代理店管理ツールの機能

代理店管理ツールには、主に以下のような機能があります。

代理店の情報管理機能

代理店の基本情報や契約情報などを一元管理できます。これにより、代理店ごとの状況を正確に把握でき、的確な対応が可能になります。

例えば、代理店管理ツールを導入した場合、代理店の営業担当者が契約内容を変更した場合にも、代理店管理ツールに反映されるため、社内の他の部署からも正確な情報が共有されるようになります。

取引履歴や受注状況の確認機能

メーカーと代理店の取引履歴や受注状況を簡単に確認できます。これにより、受注状況の把握や納品のスケジュール管理が容易になります。

例えば、商品の受注状況や納期の確認が、社内のどの部署からでもすぐに行えるようになり、社内のコミュニケーションのスピードが向上します。

注文受付や納品状況の管理機能

代理店からの注文受付や納品状況を管理できます。これにより、納品スケジュールの調整や納品後の管理が容易になります。

例えば、ある化学メーカーが代理店管理ツールを導入した場合、注文情報や納品状況を一元管理することで、代理店とのやり取りがスムーズになります。

商品やサービスのカタログ管理機能

代理店向けの商品やサービスのカタログを一元管理できます。これにより、商品の情報の統一や管理が容易になります。

報酬計算や支払い管理機能

代理店への報酬計算や支払い管理を行うことができます。これにより、報酬の管理が正確に行え、代理店との信頼関係が強化されます。

例えば、報酬計算や支払い管理を手動できなく、ツール上で行うことで、手作業によるミスを減らすことができ、業務の効率化が図れます。

代理店管理ツールの種類

クラウド型ツール

クラウドを経由して、各ベンダーが提供するツールを利用する方法です。

月額課金で利用できるため、初期費用が安く、導入が容易です。また、利用するデバイスや場所を問わず、自由に利用することができます。しかし、インターネットに接続しない環境では使用できません。また、ベンダーによってはセキュリティに関する問題が懸念されることがあります。

オンプレミス型ツール

自社内のサーバーにデータを保存するツールです。初期費用は高いですが、導入後のランニングコストが低く、独自のセキュリティ対策が可能です。しかし、自社内のネットワークに接続しない環境では利用できません。そのため、代理店各社に自社のネットーワークやPCを提供する必要があります。

代理店管理ツールの選び方

代理店管理ツールを選ぶ際には、以下のようなポイントに注目することが重要です。

  1. 自社のニーズに合わせた機能の選定 自社が必要とする機能を明確にし、それに適したツールを選択することが重要です。
  2. クラウド型とオンプレミス型の比較 クラウド型とオンプレミス型のそれぞれのメリット・デメリットを比較し、自社に合った選択をすることが大切です。
  3. セキュリティ面の確認 代理店管理ツールには、重要な情報が含まれているため、セキュリティ面について十分に確認することが必要です。
  4. 導入コストやランニングコストの比較 導入費用やランニングコストも、選択する上で重要なポイントとなります。将来的なコストも考慮して、総合的に比較することが大切です。

代理店管理ツールの比較方法

代理店管理ツールを比較する際には、以下のような方法があります。

ユーザーが重視するポイントの比較

代理店管理ツールを利用するユーザーが、特に重視するポイントについて比較します。

代理店管理ツールは、メーカーと代理店の2種類のユーザーが利用します。そのため、それぞれの視点に立った選定が必要です。

例えば、代理店の場合は操作性やカスタマーサポートの質、メーカーの場合は機能の豊富さやセキュリティなどです。

代理店管理ツールの利用者からのレビューや評価を参考にした比較

実際に代理店管理ツールを利用した人たちからのレビューや評価を参考にし、そのツールの優れた点や問題点を把握することができます。実際に利用しているメーカーや代理店のユーザーに対してヒアリングしてもよいでしょう。

代理店管理ツールの導入における注意点

代理店管理ツールを導入する際には、以下のような注意点があります。

セキュリティについての注意

代理店管理ツールには、代理店の情報や取引履歴など重要な情報が含まれているため、セキュリティに十分に注意する必要があります。パスワードの強化や不正アクセス対策などを徹底することが大切です。

データのバックアップについて

代理店管理ツールには、メーカーと代理店2方向からの大量の情報が保存されており、データの紛失や破損などのトラブルが発生することも考えられます。

そのため、定期的にバックアップを取ることが必要です。

導入前に詳しく確認すること

代理店管理ツールの導入前には、事前にデモ版や試用版を利用して、自社のニーズに合ったツールであるか、使い勝手や操

作性などが問題ないかを詳しく確認することが必要です。

トレーニングやサポート体制について

代理店管理ツールを導入する際には、トレーニングやサポート体制が整っているかを確認することが大切です。

メーカーだけでなく代理店が使用することも踏まえて、選定しましょう。

トレーニングを受けることで、ユーザーがスムーズにツールを操作することができます。また、トラブルが発生した場合には、適切なサポートが受けられるようになっているかも確認する必要があります。

代理店管理ツールの導入効果

効率的な代理店管理による業務効率の向上

代理店の情報管理や取引履歴などを一元化することにより、業務プロセスの効率化が図れます。また、代理店とのコミュニケーションも円滑になり、業務のスピードアップが期待できます。

また、様々なデータを蓄積できるようになるため、メーカーが代理店を支援する際に何が有効的か?を把握することも可能になります。

代理店との信頼関係の強化

代理店管理ツールを導入することで、代理店との情報共有がスムーズに行えるため、代理店との信頼関係が向上します。

例えば、ある資料を代理店が入手したい場合、これまでだと各社のメーカー担当者に問い合わせる必要がありました。一方で代理店管理ツールを利用することで、ツールにアクセスするだけ瞬時に取得することができます。

ビジネス拡大や収益増加への貢献

代理店管理ツールを導入することで、代理店とのコミュニケーションがスムーズになり、ビジネス拡大や収益増加につながる可能性があります。代理店との協業により新たなビジネスチャンスを生み出すことができます。

代理店管理ツールの比較

代理店管理ツールは、別名PRMツールとも呼ばれています。

ここでは代表的なPRMツールについて紹介したいと思います。

関連記事

PRM(Partner Relationship Management:パートナーリレーションシップマネージメント)をご存じでしょうか? PRMはパートナー企業管理とも呼ばれる考え方です。BtoBビジネスにおいてメーカーとパートナー[…]

PRMとはの画像
関連記事

ビジネスの拡大と競争の激化に伴い、企業とパートナーとの連携を強化するPRM(Partner Relationship Management)ツールの重要性が増しています。 最適なPRMツールの選定は、収益の最大化と効率的なパートナー[…]

PRMツール比較の画像

Sales Cloud PRM

Salesforce PRMは、Salesforceが提供するクラウド型の代理店管理ツールで、代理店とのコミュニケーションや受注・納品情報の管理など、代理店とのビジネスに必要な機能を網羅しています。

具体的には、代理店とのコミュニケーションを強化するためのチャット機能やメール機能、代理店の受注や納品情報を一元管理するためのカタログ管理機能、報酬計算や支払い管理機能などが備わっています。

また、Salesforceが提供するCRMとの連携が可能で、顧客と代理店の情報を一元管理することもできます。

また、Salesforce PRMはカスタマイズ性が高く、自社のニーズに合わせてカスタマイズが可能です。さらに、Salesforceのグローバルネットワークを利用することで、海外の代理店とのビジネスにも対応できる点が魅力的です。

ただし、Salesforce PRMは、Salesforceのプラットフォームをベースにしているため、導入コストが高くなる場合があります。また、Salesforceの使い方に慣れていない場合は、使いこなすことが難しいかもしれません。そのため、導入前に十分な検討をすることが必要です。

Salesforce

Lightning を活用した、面倒な設定なしですぐに使えるパートナー関係管理ソリューションです。 数回クリックするだけ…

関連記事

近年、ビジネスの拡大において代理店やアライアンスの活用に注目が集まっています。 そこで、今回はパートナーとの関係づくりで重要な「PRM」について、また良好な関係構築にオススメのツールである「セールスフォースのPRM」について、解説し[…]

セールスフォースPRMの画像

Impartner

Impartnerは、Impartner社が提供するクラウド型の代理店管理ツールで、代理店の受注・納品情報の管理や報酬計算、ビジネスの分析など、代理店とのビジネスに必要な機能を網羅しています。

具体的には、代理店の受注や納品情報を一元管理するためのカタログ管理機能や注文処理機能、報酬計算や支払い管理機能などが備わっています。また、Impartnerは分析機能にも力を入れており、代理店の売上や収益性の分析ができるため、ビジネス戦略の立案にも役立ちます。

Impartnerは、シンプルで使いやすいインターフェースが特徴的で、導入後の使い勝手が良い点が魅力的です。また、カスタマイズ性も高く、自社に合った機能やレポートを簡単に設定できるため、自社のニーズに合わせた運用が可能です。

ただし、Impartnerは2023年3月時点で日本向けに提供されていないため、日本における導入は難しいです。

Impartner | The Channel Partner Management Platform

Automate deal registration and more with partners, resellers…

関連記事

今回は、ImpartnerというPRMツールについて解説します。Impartnerは、ビジネスにおけるパートナーシップマネジメントを支援するソフトウェアです。Impartnerを導入することで、ビジネスプロセスの自動化やパートナー企業の売[…]

ImPartnerの画像

Oracle PRM

Oracle PRMは、Oracle社が提供するクラウド型の代理店管理ツールで、代理店とのやりとりや情報共有、受注・納品情報の管理、報酬計算や支払い管理など、代理店ビジネスに必要な機能を網羅しています。

具体的には、代理店の受注・納品情報を一元管理するための注文処理機能やカタログ管理機能、代理店の報酬計算や支払い管理機能、代理店ビジネスの分析機能などが備わっています。また、

Oracle PRMは、オープンアーキテクチャを採用しているため、他のビジネスアプリケーションとの連携も容易に行えます。

Oracle PRMは、Oracleの他のビジネスアプリケーションとの親和性が高く、シームレスに連携ができる点が魅力的です。また、業界特化型の機能も豊富であり、顧客満足度が高い点が特徴的です。

ただし利用するためには、オラクルのCRMを導入している必要があります。

まとめ

代理店管理ツールには、代理店の情報管理や業務効率化、ビジネス拡大など、多くのメリットがあります。クラウド型やオンプレミス型、カスタム開発型など、種類も多種多様です。

自社のニーズに合わせて、機能の選定や比較を行うことが大切です。また、導入前には、デモ版や試用版を利用して、自社のニーズに合ったツールであるか、使い勝手や操作性などが問題ないかを詳しく確認することが必要です。

代理店管理ツールを効果的に活用することで、業務プロセスの効率化やビジネス拡大、収益増加など、企業にとって大きなメリットが生まれるでしょう。

>パートナービジネスを支援するDXツール「PartnerProp」

パートナービジネスを支援するDXツール「PartnerProp」

CTR IMG